読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日大通信はじめました。

日本大学通信教育部で文理学部文学専攻(英文学)をなぜかはじめました。通教、続くか不安。でブログも始めました。皆さんのブログを見つつ、なんとか励みにして、卒業まで辿り着きたいものだ。だいぶ先だけど。

レポート完成間近

レポート

猛ダッシュでレポートを作成。やっつけ気味のレポート。アメリカ文学史なんて、前半はテキストの要訳、後半は2つ読んで読後感を書けと。しかも引用するとなお良いと書いてある。
でも、2000字のレポートで、1000字を訳に使ったら、読後感は500字ずつ。引用を入れてなんてやっていたら、感想なんてちょっとしたことしか言えない。自分の意見を言ったら丸々見当違いの可能性もあるし、かといって普通のこと書いても・・普通のことを書くのかな?模範解答の感想を書くのがいいってことか?
そもそも、引用部分が物語の根幹にかかわることなのか、枝葉で全く影響してこないところなのか、この500字という制約では引用なんてそもそも一二行しか使えない。何て考えている場合じゃないので、インスピレーションで選んだ。まあ、とりあえず出してみます。
結局、「イギリス文学史Ⅰ」「イギリス文学史Ⅱ」「アメリカ文学史」の3つを今学期でやりました。