日大通信はじめました。

日本大学通信教育部で文理学部文学専攻(英文学)をなぜかはじめました。通教、続くか不安。でブログも始めました。皆さんのブログを見つつ、なんとか励みにして、卒業まで辿り着きたいものだ。だいぶ先だけど。

まさかの4科目全部合格!!!

日大通教のホームページからログインしたら、科目修得試験の結果が出ていた。ななんと、4科目全部合格!一気に14単位かと思いきや、そういや東洋史概説がレポート不可だったんだった。さっさと出してしまわないと。しかし、4回目のチャレンジでようやく取れた。4度目の正直。ま、レポートをじゃんじゃか出しているから次回も受ける科目には困らないんですがね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

知り合いから出題だなんてね

日大通教ベテランの皆さんはもうご存知のとおりなんだろうけれど、もうこれで今年度の試験は終わり。12月で終わりなのよ。まあ、学事日程との調整で通信が追いやられている感じがアリアリと出ているけれど。採点って大変だと思うわ。レポートも見るしね。レポート何か講評まで書かないといけないから。そういや、試験出題者の中に知りあいが少なくとも二人いる。一人は他大から移って来て日大で今は非常勤講師をしている人(なのに試験出題者?という感じもするが、専任になったのかな?)で、もう一人はなんと大学時代に俺と同じクラスだったんだよね。准教授になるとはね。クラスの中でも頭はそこそこ良かったが、人にものを教えるような感じではとてもなかったんだけど、人って分からないもんだ。っていうか、俺も未だに教わる立場とは。辿っているコースが真逆な感じ。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

科目修得試験会場

科目修得試験会場って、ご丁寧にも自修室がある。そういう心配りがいいよね。もちろん皆、真剣。しゃべっている奴なんていないわ。試験が始まる5分前までは教材を開いていていいっていうんだけど、実際はその前にマイクでここは英文学専攻の教室だとか、携帯の電源を切っておけとか、ここは参照可の人が座る席だとか、まあアナウンスが駅構内並にうるさい。なんで、俺は直前に試験会場に行くことにしている。付け焼刃だということが丸分かりだけど。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

レポート返ってきたけどさ

出したレポートが続々と返ってくる。そのうち2つが不合格。2つとも共通していることは、だいたい書けているがキーワードを使っていない、キーワードの説明がない。キーワードって何よ?と思って見てみると、設題の裏に書いてある。何、そんなのあるの?早く言ってくれよ。キーワードをもちろん意図せず使っていても、説明が不十分だと。そりゃそうだよね、こっちは先生がそんな用語を知っていると思っているからさらっと触れるだけだった。書き直しか。「頑張ってください」って書いてある。さっさと出してしまおうっと。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

科目修得試験(2017年12月10日)(3)

昼休みが短いので、さっとパンを食べる。で、3限。漢文学Ⅱってどういう勉強するんかね?漢詩の解釈が多く、しかも前の説明にない人の詩も載っている。とりあえず名前は覚えた。で、宋代の出題はいいが、詩と「詞」。詞の説明なんて教科書にほとんどないんだけど。教科書が違うんだろうか?4限はまあ勉強をほぼせずに臨む。中国の近現代史をおおまかに書く形式。通信指導問題と範囲がほぼ被っていない?ま、なんとか終わった。単位が取れたかどうか怪しいところだけど。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

科目修得試験(2017年12月10日)(2)

1限は「西洋政治史」。ベルリンの壁について考察か。ずいぶん新しいものを出してきたな。ほぼ知っている知識に頼って書く。こんなんでいいんだか何だかって答案になった。2限は「イギリス文学史Ⅰ」。ま、直前にやったことがそのまま出たが、珍しくシェイクスピアの「喜劇」を3つ書けとの出題。3つめが出てこない。まあ、いいや。他は書けたしといいつつ、9問目の英訳がかなり覚束ない感じ。ハムレットの「尼寺に行け」の部分だけれど、シェイクスピアって訳すの難しくない?ま、そうはいっても直前にやったにしてはまあできた方だ。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

科目修得試験(2017年12月10日)(1)

科目修得試験、溜まりに溜まってなんと4時限全て受ける羽目に。これが全部通れば14単位(漢文学Ⅱだけ2単位なもので)。しかし、通るはずもなく。過去問を研究すると、でもヒントがあった。イギリス文学史Ⅰは、過去問を解けば何とかなるのと、だいたい4通りを繰り返し出題しているので、直前の出題傾向を見れば何が出るかがだいたい分かる。最後2問の文章も、やはり4通りしかない。それに文章の中で天国とかカンタベリとか書いてあったりするからね。東洋史概説も、古い順から出題していって、この第4回はどうも近現代から出題されるようだ。ただ、直近のを見ると選択制から2題必須解答に変わっている。けれど、東洋史と言いつつほぼ中国史。西洋政治史は残念ながら傾向がつかめず。漢文学Ⅱは、そろそろ宋詩が出題されてもいいタイミング。どうなることやら。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

懲りずに科目修得試験登録

科目修得試験登録締め切り、googleカレンダーに登録しておいて良かった。レポートの締め切りと同じ日なのね。何年も学生をやっているけれど、全然覚えていない。最終日に何とか登録。今回はなんと4科目全て受けることに。これも、全然受からないと言うことの裏返しでね。目標は低めに1科目合格・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

折角書いたレポートが消えた!!!

書きためていた「東洋政治史」のレポートの清書を・・なんか短いな。消えている?この前完成させたレポートが消えている。間違えて前のを上書きしたとか??一気にやる気がなくなる。ま、一回書いたんだからまた書けるだろうって感じもするが、気力が失せてしまった。なんていってもやる気が大事で、やる気が起こらなければ全然進まないで放ったらかし。そうそう、レポート用紙はこの前の夏スクで買ったんだけれど。ま、全部消えたわけではなくて半分消えただけなんだけど、でも、また同じこと書くのかと思うと憂鬱。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「英語史」分冊1

「英語史」に取りかかる。設題集のはじめに「英語史」について書いてあった。教科書を読めと。教科書、英語なんだよね。まあ、薄い学習指導書があって、そこにアウトラインが載っている。少なくとも、これに基づいて書かないといけないわ。「英語音声学」もチラ見したが、教科書はまあ読みやすいけれど、こっちは設問の意味がよく分からない。「英語音声学」のテストは、なんだか見たこともないような記号を英文にするって奴なんだよね。だけど、そんなのテキストにある?設題が分かっていても解が分からん。で、これって何か役に立つのかなってそもそもの疑問。ま、必修だからやらなければいけないんだもんね・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村